ブログ

ずっと使っていた古えのマシーナリー、iPhone4sを6に変えてきた時の話。

今月末に引っ越しの予定がある為何となくふらっとヤマダ電気に寄ったんです。

携帯を変えようなんて微塵も考えておりませんでしたがふと目に飛び込んできたのはソフトバンクさんの広告。

ざっと読んでみるとキャリア乗り換えてくれたらiPhone6がタダだよ!なんならついでに40000円もあげるよ!という感じの事が書いてありました。

なるほど、とね。
なるほど、なるほどですよこれは。

店員さんが声をかけたげな表情でこちらに歩いてきたのでいやいやたまたま通っただけですし、全く興味もないですしねって感じの雰囲気を醸しながらその場を去りました。

その後暫く家電を見て回っていたのですがiPhone6と40000円が気になっちゃってもうぜんっぜん頭に入ってこない。

ミスっちゃったなーと。

最初に店員さんが近づいてきた時点で素直に話聞いとけばよかった。あたしってほんとバカバカバカ。

それでも、それでもiPhone6(¥40000)への想いは抑える事が出来ないほどに大きなものになってしまっていた。

直接店員さんに話しかけるのはハイリスク過ぎるということで訝しげな表情でチラシの前に佇むスタイルから攻めてみた。

これが案の定大正解だった。

拙者の術中にはまった店員さんがまんまと話しかけてきて下さった。

40000円もらいたくてしょうがない気持ちを察知されてしまうとマズイと思い、全然興味ない顔で店員さんの話を聞いてみることにしたで候

するとどうだろう?

キャリア変えたらなんか本当にiPhone6タダでくれるっぽい話をしている様に聞こえる。

更にはある"魔法"を使うと6sもタダで召喚出来てしまうらしい。

店員さんがマジで魔法って言いましたからね。やだなんて魅力的な魔法使いさんでござろうか。

しかしだ、まだまだ気を緩めてはいけない。この世のうまい話には必ず落とし穴が存在する。

絶対にその落とし穴を見極めてやる!!!と意気込みながら店員さんの話を終始疑心暗鬼の眼差しで聞き、そこから程なくして僕の手にはiPhone6が握られていた。

iPhoneを渡されるその瞬間まで絶対この後なんかある!絶対この後なんかあるでしょ!はいっ!あーる!あーる!あーる!って心の中で思ってた。

しかし…何もなかった。状況を吞み込む間もなく無料のiPhone6がすっごい手に馴染んできちゃってる。ケース選ぶのすっごい楽しい。

なんなら新居のインターネットとセットで契約して携帯代が安くなって超ハッピー。

肝心の40000円も…一ヶ月後に取りに行くという話ですんなり纏まったでござる。

何かこっちにデメリットがあるのだろうかと冷静に考えてもメアドが変わってしまうこと以外に特に何もなかった。

何という競争社会か。たった1人の顧客獲得の為にここまでの投資をしなければならないとは。

なにか新世界を垣間見た気がするよ。もうすんごいラッキー!最高!最高!

わたし、40000円でテレビ買います。

したらば。